遙かなるガンフロンティア

遙かなるガンフロンティア

遂に発売されました。「遙かなるガンフロンティア」
実は既に前から届いていましたが、やっとブログネタに起こせました。

ゲー夢エリア51編もだいぶ増えたので、今回カテゴリを大幅に整理しました。
この記事も特集記事の一つとして、左メニューにカテゴライズしています。


それと今回を機に、Twitterを始めました
(実はアカウントとったのは大昔なのに、今まで一度も書いてなかったという。)
こちらも併せてよろしくお願い致します。


それでは、紹介されているタイトル別に書いていきます。
(とはいえ、本の内容の事というよりは、個人的な事ばかりですが。)

・アクアジャック


出回りが悪かったのか、 アクアジャック は近場ではどこにも入荷されず、自分は
秋葉原の ファンファン で見かけただけで、そこでしかプレイしていなかった。
(だいぶ後になってからのほうが、リバイバルで良く見かけた気がする)

当時の ファンファン は1FとB1Fと3F(だったかな?)という変則的な階数の配置で、
メイン通りから離れている事もあり、1FもB1Fも比較的空いていたゲーセンなのに、
上階にもゲームがある事が知られていないのか、更に空いていて他に客が居ない
事も多々あり、おかげで アクアジャック は音が良く聞こえて結構やっていました。

でも、結局クリアまではやっていないし、あまり記憶に残っていないです。
水のゆらぎとか光の反射がリアルな感じで、そこは印象に残っていました。

難易度も高くなかったので、(最後のほうは知らないが)プレイ時間の割にプレイ
回数は少なかったかも。(近場に入っていれば、やりこんだのに惜しいところ。)

ファンファン はロケとかも結構していて、「 キーパー 」とか「 ボンジャックツイン 」とか
ここでしか見たことがないのも多く、 アクアジャック も先行とかだったのかも。
(思い返してみると、 ナイトストライカー が出るよりも前にやっていた気がするし。)

しかし、検索してみたら結構最近になって潰れたんですね。全然知らなかった。

て、 アクアジャック の話じゃなくて、 ファンファン の話になっている……。


タイトーはこの頃3D視点シューティングを多く出していた印象で、一番やったのは
やはり「 ナイトストライカー 」。こちらも水面は独特な処理でこだわっていますね。

当時、全ルートクリアするまではやったけど、パシフィスト狙いまではやってない。
近場で置いてあったとこはドラムが一つ壊れて回らない状態だったなぁ。


それと「 バトルシャーク 」も好きで結構やっていました。
しかし、最終面付近までは行ったが結局クリアしていない。
バトルシャーク は水場が舞台なのに、上記2つに比べ、水面処理が結構適当。
水中が少しラスターしている程度で特に変わった処理というわけでもないし。


あと、「 エンフォース 」は、3Dグラスが筐体の個体差か、近場にあった筐体では
焦点がぴったりと合わず、プレイがかなり厳しかったので殆どプレイしていない。
このゲームは水面処理云々以前に水面自体が存在するのかも覚えていない。

て、結局 アクアジャック の話とは関係なくなっている……。


この本では、堀氏の担当はエンディング部分で、その話がメインになっているし、
クリアもしていないのにコメントするのもあまり意味がないかと。


・カダッシュ


実は カダッシュ は殆どやっていません。
出回りは良かったので近場でも良く見かけたけど、1回のプレイ時間が結構長く、
空いていない事が多かった事もやっていなかった理由かも。

改めて記事を見ると、今まで知らなかった面白そうなネタがいろいろと眠っていて、
次のチートネタにも使えるのもありそうです。

ちなみに、 プティング の変更を名前で判別するプログラム部分は既に見つけていて、
ROMチートで任意変更も可能です。

実は海外版にも入っているのですが、海外版も名前のチェックは日本版のままなので、
名前入力で出すのは不可能です。(逆に海外版はS◯Xだろうと入力できてしまう。)


あと、 カダッシュ通信 のプログラムの進行状況とか面白いですが、ソースファイルでの
やりとりの話なので、逆アセのソースからでは殆ど辿れないのが残念。

追記:
通信機能を使ったスレイブ側でのプレイ動画があったので貼っておきます。
(あったというか、この本に合わせて公開したというほうが正しいかな?)



・WGP


こちらは カダッシュ よりも更にプレイしていない。(多分1回しかプレイしていない。)

WGP も堀氏の担当はエンディング部分で、エンディング自体、今まで観たことが無い
というか、こんな凝ったエンディングがある事自体知らなかったというのが本当。

ちょうどエンディングだけの動画があるので貼っておきます。

エンディング初めて観ましたが、笑えるくらい無駄に凝っているのね。

ついでに、実機でのエンディング動画もありました。
タイトーWGP エンディング

そして今気付きましたが、エミュレータで再現出来ていない部分を発見。
最後の WGP のタイトルロゴが、実機では縮小させて消しているのに対し、
エミュレータ(MAME)では縮小せず、パッと消えてしまっています。


あと、担当部分がエンディングだけなので、無関係な風の部分には触れられて
いませんが、風を出す事にした経緯とかもちょっと知りたかったかも。

WGP の風量って、専用のパラメータがあるのか単純に速度の値を利用するだけかは
未確認ですが、エミュレータでUSB扇風機に連動して調整とか出来たら面白いかも。



・ガンフロンティア


そして、満を持してこの本のメインといえる「 ガンフロンティア 」。

過去のブログで何度か書いていますが、自分は見事にハマったほうで、基板も購入。
連付きなら安定してクリアは出来るくらいまでやりましたが、連ナシではチキンプレイ
でもギリギリといったところ。(まあ、今じゃどちらにしてもクリアは無理かも。)



(これは以前のブログ記事で貼ったものです。)
F2システム で堀氏が関わったモノでは、 マージャンクエスト も持っています。


以前ブログで公開した ガンフロンティア の記事は、当初の予定では今回のガンフロ本
の刊行に合わせて公開する予定でしたが、本が延期になり、それに従ってブログまで
延期になるのは申し訳ないという事で、先行して公開する事になりました。

本誌でのランク上昇(と映画部分)の解説は、ほぼ同じ形で採用されています。


しかし、この本読んで、あまりの細かさとこだわりにあらためて驚き。
隠しフィーチャーをほぼ網羅していて、この本で初めて知った事もかなり多い。
(隠しボーナスはランク上昇調べるとき、出現位置教えて貰って知りましたが。)

壊し方で展開が変わるのは知られていても、パワーアップの状態で弾痕を変えるとか
自機の傾きで敵弾とのプライオリティーが変わるとか、確かにそんなの普通は気づか
ないし、そんなフィーチャー入れようとか考えない。

でも、こういったこだわりを排除していたら、サターン版のような評価になっていた
恐れも。(いや、さすがにそこまでは無いか。)

ちなみにサターン版は、当時既に基板を持っていたので買っていません。
しかし、基板を持っていなければ間違いなく買っていただろうから危なかった。

付属された ゲーメストギアーズ だけ気になって、買おうか悩んだ時期もあったけれど、
今はこの本があるから、もういらないかな。
資料が載っている号の ゲーメスト ベーマガ も持っているし。


そして「 ガンフロンティアヘビー 」。
メタルブラック のアレみたいな大幅な改造というモノではないですが、F2システム
限界というか真のポテンシャルが図れるという点でも見る価値がありそうです。


動画はさすがにヘビーの動画はないので、他の動画を貼ります。



これはTASによる1面の時点で難易度を最高に上げてのノーミス稼ぎプレイ。
しかしTASとはいっても、最高ランクがどうなるかというお試しみたいな感じですね。

ガンフロンティアはランダムの塊だから、ランダム要素も操った本気TASが見たい。


ちなみに人力でのノーミスクリア動画もあるのでランクの差を比較しても面白いかも。
ガンフロンティア / Gun Frontier ノーミスALL

どちらのプレイも2面(森に撃つほう)と3面の隠しポイントは取っていないですね。
他で稼ぐためにスルーしたようでも無いし、やはりこの2つは特にマイナーなのか。

隠しフィーチャー全てに高い配点を設けていれば、稼ぎプレイになる程、魅せる
プレイになっていく事になって、より面白くなったのではと思う。
(あと本誌でも触れていますが、2面の復活地点をずらしていれば。)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

>風を出す事にした経緯とかもちょっと知りたかったかも
こういうギミックは自分も昔から大好きなので気になりますね~
プロップサイクルの風の場合は、ハードの人がそんなの付けるとコストが上がるからダメだと言うのを、
企画した開発の方がハードの人をハンググライダーに乗せて飛行体験をさせて、
風の重要さを体感で説得して「風やりましょう!」となったというのを昔ノワーズで読んだ覚えがあります。
こういうのは余程のこだわりの開発の人が動かないと実装は難しいんでしょうね。

Re: No title

当時のタイトーはナイストのドラムしかり、大型筐体には何かしらのギミックが
搭載されていたので、そういう風潮だったのかも知れませんね。
逆に何もギミック付けなかったアクアジャックのほうが異端だったのかも。

プロップサイクルはバブル崩壊後なのに、企画通せた事自体が不思議なくらいですね。
ねこ自慢

Wayder

Author:Wayder
 
ねこ自慢
http://wayder.web.fc2.com

ニコニコ動画マイリスト
nicovideo.jp/mylist/52529218


※FC2ブログの仕様で非公開コメントに
 対して非公開での返信ができません
 予めご了承下さい

Counter
Category
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
New Article
Form