2013年MAME総括

個人的2013年のMAME総括。

2013年は新規が少なめな印象。現状の対応数から考えたら年々減るのは
当たり前といえば当たり前なので仕方がない。
でも、クローンはなかなかの豊作だったので、今回は新規とクローンに
分けて、個人的ランキング。


個人的新規対応ベスト10(動作可昇格も含む)

1・マンハッタン
年始め一番に出て、結局これ以上のモノが出てこなかったという。
2012年に続いて、2年連続デコカセが一位になるとは。

2・クールライダーズ
全く動作していなかった状態から、進展していく様をwipで見るのが楽しかった。
こういうタイプのゲームは今後出てくる事がまず無いから貴重な存在。

3・ゴンタロードラッッシュ(Desert Dan)
これはタイトル名が違っていたので、wipに出るまでコレだとは思わなかった。
ゲームとしてみれば、当時にしてはいろいろと考えて作られている感じだが、
いかんせん、肝心のプログラムやグラフィックが全然追いついていないので、
結局こんなネタゲーになって殆ど日の目を見る事がなかった。

4・ミッドナイトランディング
他のタイトルに比べてかなり異質で、長いこと動作不可だったのがついに動作。
でも、対応しているのがまだドイツ版だけという、これまた異質な状況。
しかし、これは操作系を整える事のほうが厳しいかな。

5・グラススピン
レア度でいえば、個人的には2013年どころかMAME全体でもトップに近いくらいで、
存在自体知らなかったというのは非常に稀。が、ゲームは正直、中途半端すぎ。
迷路の形状がずっと同じとか、水に落ちた時に、ちょっとだけスクロールしたり、
もしかしたら、これはプロトタイプで、本来はもっと種類増やして、スクロールを
させる大きめのマップも作るつもりだったのかも知れないが。

6・パニックロード
これも相当長く動作していなかったタイトル。セイブ系はプロテクトが厳しめで、
雷電Ⅱ/DXとかクロスシューターとか、進展はしても動作可能までにはいかない。
今年はこの辺の進展にも期待。

7・ポカポカサタン
珍しい並びの3画面ゲーム。まあもう、新規はこれくらいしか挙げるものがない…。
これも今となっては貴重なタイトル。

8・ダブルウイングス
これも、惜しいところまで来てずっと動作可能にならない状態から、遂に動作可に。
でも、正直シューティングとしては普通の域から飛び出ていない。

9・闘幻狂
希少価値という点では少し劣るので、このあたり。
作りは丁寧で、技も豊富だけど、なんかオリジナリティに欠ける印象。
あと、投げ技が無いことが個人的にマイナス要因かな。ファイナルファイト以降、
素手で闘うベルトアクションは投げ技が重要だと思うのだけど。

10・アルマジロレーシング
これも動作するようになったが、トラックボールじゃないと厳しいゲームだし、
当時結構出回って、希少度はそんなに高くないので。


あとはcv1kとかもあったが公式ではないし、今年に採用される可能性もあるから、
2013年の総括からは外しました。



次に、クローンのランキング

1・ルナーク (World, prototype)
海外版ではあるものの、発売版とかなり違っていて良かった。
特に溶岩洞窟面のあまりの違いに驚いた。

2・バブルボブル2 (Ver 0.0J 1993/12/13, prototype)
バブルシンフォニーのプロトタイプ。
タイトルがまだバブルシンフォニーになる前だが、残念ながらタイトル画面
はまだ無く、コンフィグ画面でしかタイトルが確認出来ないのが残念。
しかし、キャラの性能、面構成、背景、演出等、中身は発売版とかなり違う。

3・サイバリオン (World, prototype)
今まで国内版しか対応していなかったので、プロトタイプと関係なく、
英語版というだけでも目新しい。

4・ドラゴンガン (Japan)
4~7位は日本版の対応タイトルで順位はほぼ横並び。
でも違いはメッセージが日本語になったくらいかな。
声は海外版でも日本語で喋っていたという…。

5・コンチネンタルサーカス (Japan)
これはゲーム中もいろいろと指示が出るので、日本版が良い。
しかし、これは3Dでやらないと、敵との距離が非常に分かり難い。

6・メカナイズドアタック (Japan)
これもメッセージが日本語になったくらいか?

7・ターボアウトラン (Japan, Out Run upgrade, FD1094 317-0117)
日本語部分としては、ギア選択くらいしか無いような…。

8・18ホールプロゴルフ (DECO Cassette, Japan)
プロゴルフと較べて、ホール数が増えた以外にもいろいろと変わっている。

9・バスター (set 3)。
セット3となっているけど、初期バージョンと思われる。

10・エアインフェルノ (Japan)
これはまだエミュレーションが不完全でプレイ不可なので。
動作している状態だったら、3位以上にしていたであろう。


クローンは豊作だったが、10個捻出するだけでも意外と悩んだ。
しかし、3位までタイトー独占。全体でも5割がタイトーとか…。偏ってるなぁ。

あと、それ以外で、更新内容などのランキングは10個も出せそうにないので、
2013年の総括はここまで。



そして、動画は結局今年一発目となってしまったが、ねこが出て縁起が良い。



ニャンコロもMAMEでは未対応。
この時代の頃のタイトルはまだまだ対応していないものが多い。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ねこ自慢

Wayder

Author:Wayder
 
ねこ自慢
http://wayder.web.fc2.com

ニコニコ動画マイリスト
nicovideo.jp/mylist/52529218


※FC2ブログの仕様で非公開コメントに
 対して非公開での返信ができません
 予めご了承下さい

Counter
Category
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New Article
Form