(升)MAME 0.149u1+SNK MVS格闘

今回は暫く更新期間が空いた事もあり、久々に書きたい更新が色々と。

まずはData East 146 の解析
大半のタイトルが既にまともに動いていたので、地味な感じになってしまったけれど
「スーパー上海ドラゴンズアイ」の日本版が動作するようになったし、それとは別に
新規クローンで「ドラゴンガン」の日本版が対応したのも嬉しい。

そして、ネオジオの更新。もしかして、リロードで落ちるバグが直った?
ドライバが.cではなく、.incを呼出す形になっていたけれどバグを直すためなのか?
(ギャラクシアンのドライバもincファイル呼出しになっていたが。)

他に「クロスシューター」も地味に更新され、キャラがバグっている状態ではあるが
スプライト表示が可能になった。後はpromが吸出されないと進展は難しいか。

あとは、東亜プラン系の改良。というか再構成。
「アウトゾーン」とか、クローンでアドレスがズレるからチートの再確認も結構面倒。

で、新規には、かなりのレアタイトル「ゴンタロードラッッシュ」が対応。
が、しかし、海外版でタイトルが違うのと、色がおかしいのが残念。
(色がまともだったら、IPSパッチで日本版が作れそうなのに…。)

最後にスケルトンドライバで、リンドバーグやらTYPE-Xやら、無茶なものが追加。
しかし、エミュレーションとは別の問題が出そうで不安もある。



そしてチート。

今回はMVS(ネオジオ)対戦格闘ゲーム(SNK製のみ)をまとめて、修正がメインです。
動作していなかったチートも多く、緊急で直す必要の出たチートまでありました。

いろいろと直していたら、いつの間にか解説もかなりの長文になってしまいました。



SNK vs カプコン / SNK VS. CAPCOM -SVC CHAOS

(svc, svcboot, svcplus, svcplusa, svcpcb, svcpcba, svcsplus)
※追記:クローンで「svcsplus」が抜けていました。次回更新時に補完します。

[ Debug DIP Switch Cheat ]

前回までDIPスイッチ系のチートは、このタイトル(以下:SVC)に限らず、マスク処理を
していなかったり、不要なビットが立っていたり、説明不足も多く中途半端だったので
今回から中途半端な状態のDIPチートは全てのスイッチを新たに補完し、ラベル名も
DIP= の後に、スイッチの通し番号を入れ、加えて効果を表記する書式に統一します。

あと、OFF時にスイッチを戻す処理も追加しています。


基本的なDIPスイッチの説明は省略しますが、特殊なモノだけ少し説明しておきます。

DIP= 1-2の[Hit Check Display]は、有効にすると、プレイヤーの周りに枠が表示され、
当たり判定の範囲が視認出来るようになります。

DIP= 2-2の[CPU Controls Instead of Player]は、有効にすると、プレイヤーの操作を
CPUが代行します。つまり、CPU vs CPUの対戦を観戦する事が出来ます。
(対戦中にOffにした場合、そのラウンドが終わるまではCPUの操作になります。)


内容が不明だったり、ウォッチ系や動作していないスイッチは、コメントアウトをした
状態で残しています。

MAMEではセレクトボタンへの割り当てが無いため、セレクトボタン必須なスイッチは
使えません。(該当するチートはコメントアウトにしています。)
MESSならセレクトボタンも対応していると思いますが、試してはいません。

更に、リセットやフリーズしてしまうスイッチも存在します。
(Japan MVS (Ver. 3)のBIOSで確認。それ以外のBIOSやクローンは未確認です。)


それと、DIPスイッチの情報が(タイトルによって?)NVRAMに書き込まれてしまうので、
スイッチがOnのままリセットをしたり、終了したりすると、OffにしてもNVRAMの内容が
元に戻らなくなる事があるようです。(具体的な発生条件は未確認。)

その場合、NVRAMファイルを削除しないと戻らなくなるので注意して下さい。
全てのスイッチを初期化するチートを付けるかどうかも今後検討の必要があるかも。


あと、チートを立てたままリセットをした場合、RAM/ROMチェックでエラーが起こります。
基本的には本家にある[Skip RAM/ROM Checks]も併用する事で回避は出来ますが、
スイッチによってはスキップ出来ずにエラーが出る場合もあります。



それと、SVC限定で、DIPスイッチの奇数番号(どれでも可)のみをOnにした状態にし、
本家の[Skip RAM/ROM Checks]も有効にした状態でリセットをすると、隠しメニュー
が起動し、オープニングやエンディングなどを任意に観ることが出来ます。
(偶数番号でも可能ですが、偶数番号を立てたままリセットすると本家のSkipチート
 を併用していてもエラーが出てしまうため、奇数番号に限定しています。)



[Always Ready Exceed Command (ROM Hack)]
常にEXSEEDコマンドが使えるようになります。

DIP= 2-3でも同じですが、DIPの場合、相手の体力も0の状態になってしまうので、
EXSEEDコマンド無限を単独で使いたい場合はこちらのチートを使って下さい。

それと、ON/OFF時の処理にテンポラリを使わず、直接値を戻すように変更。

将来的にROMチートは全てテンポラリを介さない形式にする予定ですが、元の値を
調べる必要があり、単純にマクロで一括変換とはいかないので優先度は低いです。

新規や修正の手が入るタイトルにROMチートがあれば直すという形になります。



餓狼伝説 / Fatal Fury

(fatfury1)

[Easy Command]
いくつかのイージーコマンドチートが動作していなかったので修正。

旧チートの頃はエミュレーションが不完全なせいか、現在のモノと数値の変化する幅
が違っていて、旧チートで使用した数値のままでは動作しないタイプがありました。
(ハリケーンアッパー等)

frameを使った古い形式だったので大幅修正。最適化。
プレイ中のキャラのチェックを追加。
ラベル名から「Easy 」の文字を省略。キャラ名をフルネームに変更。
PL3のイージーコマンドチートを全て削除。

それと、ジョー東の「タイガーキック」と「スラッシュキック」の最終入力が被るので、
チートを両方立てた場合は1+Bでスラッシュキックが出るように調整してみました。
(「スラッシュキック」を単独で立てた場合は9+Bのままです。)


[Select Character Size]
[Select Player Size]からラベル名変更。「PL3」は「CPU」に変更。
プレイヤーのサイズの変更を7段階にし、OFFで通常サイズに戻します。

カウントのステップ数を減らす事により、サイズ変更時でも、手前と奥で縮尺が
変わるようになります。

[Always Half size]は上記チートの値を32にする事で同じ動作になるので削除しました。

ON/OFF時の処理にテンポラリを使わず、最大値(FF)に設定。
チートをOff時にスムーズに元のサイズに戻すため、値をFFから減らす処理に変更。
他の同系のチートも今後、直していく予定です。



餓狼伝説2 / Fatal Fury 2

(fatfury2)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

前回まであった、[DIP= Boss Code]は[DIP= 1-5 Debug Character Select Mode]に
ラベル名を変更しています。このスイッチを有効にすると、キャラクターセレクト画面が
簡易的な画面になり、ボスの枠も用意され、他のキャラ同様に選択が出来ます。


[Easy Command]
不要な部分を削り、DWORDにまとめて最適化。
プレイ中のキャラのチェックを追加。
超必殺技がボタンだけで出せる仕様だったのを、レバー+ボタンに変更。
コマンド技の並び順をアドレス順に並び替え。
ラベル名から「Easy 」の文字を省略。キャラ名をフルネームに変更。

こちらは最終入力が被るチートに何も対策をしていません。


[Select Character Size]
[Select Player Size]からラベル名変更。
プレイヤーのサイズの変更を3段階にし、OFFで通常サイズに戻します。

カウントのステップ数を減らす事により、手前と奥で縮尺が変わるようになります。

[Always Half size]は上記チートの値を0にする事で同じ動作になるので削除しました。



餓狼伝説スペシャル / Fatal Fury Special

(fatfursp, fatfurspa)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

ボスコードに関しても餓狼伝説2とほぼ同じ内容です。


[Easy Command]
frameを使った古い形式だったので大幅修正。最適化。
プレイ中のキャラのチェックを追加
超必殺技がボタンだけで出せる仕様だったのを、レバー+ボタンに変更。
コマンド技の並び順をアドレス順に並び替え。
ラベル名から「Easy 」の文字を省略。キャラ名をフルネームに変更。

こちらは最終入力が被るチートには、片方のコマンド自体を変更させています。

詳しく説明すると、アンディの斬影拳と昇龍弾はどちらも最終入力が6+A(C)ですが
両方のチートを立てていると、昇龍弾が優先され、斬影拳が出せなくなります。

そこで、両方のチートを立てた場合は斬影拳のコマンドを1+A(C)に変更します。
(斬影拳のチートを単独で立てた場合は6+A(C)のままになります。)

同様に、ジョー東のスラッシュキックを1+B(D)に変更、
ダックのヘッドスピンアタックを4+A(C)に変更(6+Aは被らないのでどちらでも出せる)、
アクセルのスマッシュボンバーを1+A(C)に変更しています。

これを実現するために、昇龍弾のほうに単独では不要なフラグを含めています。
(餓狼伝説で使った方法でも可能ですが、この方法のほうが作るのは楽なので。)

それともう一つ、投げ入力とコマンド入力が被る技は、密着状態だと投げを優先
するように動作させています。但し、相手がジャンプ中でも条件が当てはまれば、
投げ入力が優先され、結果どちらも出ないという事もあり得ます。

ちなみに、2のほうはスペシャルと違い、密着状態は元から投げが優先されています。



餓狼伝説3 / Fatal Fury 3

リアルバウト餓狼伝説 / Real Bout Fatal Fury

リアルバウト餓狼伝説2 / Real Bout Fatal Fury 2

リアルバウト餓狼伝説スペシャル / Real Bout Fatal Fury Special

(fatfury3, rbff1, rbff1a, rbff2, rbff2h, rbff2k, rbffspec, rbffspeck)

※上記タイトルはほぼ同内容の変更点なので、一纏めで解説します。

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

[DIP= 2-2/2-3 Ending View Mode]

このDIPスイッチは2-2をOnにすると、キャラクターを選択した後、対戦がカットされ、
中間デモとなり、それを全て表示した後にエンディングとなります。
2-3をOnにした場合は、中間デモもカットされ、いきなりエンディングになります。

同時使用すると2-3が優先され、2-2のDIPは無視されるので、選択方式にしています。

あと、餓狼伝説3のDIPスイッチは1-1~2-8までですが、リアルバウトシリーズの
DIPスイッチは1-1~4-8まで存在します。



餓狼 / Garou - Mark of the Wolves

(garou, garoubl, garouh, garoup)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項、[DIP2-2/2-3]の説明は餓狼伝説3の項を参照)

[DIP= 1-3/1-5 Stage Select Mode]

このDIPスイッチは1-3をOnにすると、キャラクター選択後、ステージセレクトになり、
キャラ選択画面で選んだ対戦相手のまま、選択したステージから開始されますが、
1-5をOnにした場合は、対戦相手が選択したステージに対応したキャラになります。

同時使用すると1-5が優先され、1-3は無視されるので、選択方式にしています。


[Select Character Size]
[Always Half size]から数値選択方式に変更。



ザ・キング・オブ・ファイターズ '94 / The King of Fighters '94

(kof94)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

1-4のスイッチはボスコード(↑を入力しながら決定)だけでなく、[Infinite Energy]も
同時に発動してしまいます。そこで、キャラ選択時のみ有効にして、キャラ決定後は、
スイッチを自動でOFF状態にしています。

「Infinite Energy」の機能を使う場合は、[DIP= 2-4 Infinite Energy (Player Only)]や、
本家の通常チートで代用して下さい。

DIP= 1-7 はステージセレクトモードなのですが、KOF'94(とKOF'95)では、画面上の
表示が「AREA SELECT」になっているので、ラベル名もそれに合わせています。


[Easy Super Techniques (ROM Hack)]
パワー最大の状態でABCD同時押しをすると超必殺技が発動します

分かりやすくするため、[Easy Super Techniques ~]全てを一つに統合
ON/OFF時の処理にテンポラリを使わず、直接値を戻すように変更。



ザ・キング・オブ・ファイターズ '95 / The King of Fighters '95

(kof95, kof95h)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

1-6のスイッチはキャラクターセレクト画面で、CPUの最初の対戦相手をPL2側で選択
出来るようになるチートですが、「Team Edit」を使って選択をすると、ゲーム開始前に
リセットがかかってしまうので、チーム単位の選択を使って下さい。

1-3のスイッチはボスコードですが、KOF'95以降は、[Infinite Time]と併用になります。
そのままでも大きな問題はないので、自動でOFFにする動作はさせていません。

[DIP= 1-4/2-4 Infinite Energy]は、1-4の「Infinite Energy」では、プレイヤーもCPUも
関係なく全キャラに対して効果があり、2-4の「Infinite Energy (Player)」では、CPUの
体力のみが減ります。同時使用をしても意味は無いので、選択方式にしました。

ちなみにKOF'96~2001、2003にも同様のスイッチがあり、全て選択方式にしています。
(何故か、KOF2002には「Infinite Energy (Player)」のスイッチがありません。)


[Easy Command]
チームの並び順をオフィシャルサイトの表記順に並べ替え。
チーム名の修正、キャラ名をフルネームに変更。
ラベル名から「Easy 」の文字を省略

チートの中身自体は変更ありません。



ザ・キング・オブ・ファイターズ '96 / The King of Fighters '96

ザ・キング・オブ・ファイターズ '97 / The King of Fighters '97

ザ・キング・オブ・ファイターズ '98 / The King of Fighters '98

(kof96, kof96h, kof97, kof97h, kof97k, kof97oro, kof97pls, kog, kof98, kof98h, kof98k, kof98ka)

※上記タイトルはほぼ同内容の変更点なので、一纏めで解説します。

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)
他の部分も、KOF'95の説明から追記する要素は特にありません。
(KOF'98には「Boss Code」のDIPスイッチがありません。)


余談ですが、1-8のスイッチ(コメントアウトしています)は有効にすると、本来ならば
セレクトボタンでのポーズ機能が有効になります。

MAMEではセレクトボタンが割振られてないので、ポーズ機能は使えないのですが、
KOF'96は例外で、[NEXT GAME]ボタンでポーズがかかるようになります。


[Can Move Before Fighting]
ラウンド開始前から操作可能になります

[Possible to act Before begins]からラベル名を変更。動作自体は変更ありません。

カプコン系の同様のチートは以前から既にラベル名の変更はしてあったのですが、
(現在は本家に吸収済み)SNK系のほうはラベル名が古いままでした。



ザ・キング・オブ・ファイターズ '99 / The King of Fighters '99

(kof99, kof99e, kof99h, kof99k, kof99p)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

1-3のスイッチはボスコードですが、KOF'99(とKOF2000)では、[Infinite Time]が同時
発動するだけでなく、ストライカーの使用回数も無限になります。

ボスキャラの使用方法はPL1のスタートを押しながら決定すると、1人目のキャラが
ボス(変身前)になり、PL2のスタートを押しながら決定すると、4人目になります。
(PL1とPL2の同時押しにすると、1人目と4人目の2つがボス(変身前)になります。)

スタートボタンの代わりにセレクトボタンを使うと、ボス(変身後)になるようですが、
MAMEではセレクトボタンが押せない状況なので使えません。


[Can Move Before Fighting]
ラウンド開始前から操作可能になります

こちらもKOF'96~'98同様、ラベル名を変更のみ。



ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000 / The King of Fighters 2000

(kof2000, kof2000n)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

1-3のスイッチはボスコードで、KOF'99と同様に時間とストライカーが無限になります。

ボスの使用方法は、[?]にカーソルを合わせ、スタートを押しながら↓を入力します。



ザ・キング・オブ・ファイターズ 2001 / The King of Fighters 2001

(kof2001, ct2k3sa, ct2k3sp, cthd2003, kof2001h)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

1-5のスイッチはボスコードですが、KOF'2001のみ、このスイッチを有効にした状態で、
試合中にスタートボタンを押すと、相手側の体力を空の状態する事が出来ます。



ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002 / The King of Fighters 2002

(kof2002, kf10thep, kf2k2mp, kf2k2mp2, kf2k2pla, kf2k2pls, kf2k5uni, kof10th, kof2002b, kof2k4se)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

どのDIPチートを立てても、共通で特殊なコマンドが使えるようになります。
(詳細はcommand.datで確認して下さい。)


[Always ready Max2 Command (ROM Hack)]
常にMAX2専用のコマンド技が使える状態になります。

[Always Use Max2 Command (ROM Hack)]からラベル名変更。
ON/OFF時の処理にテンポラリを使わず、直接値を戻すように変更。



ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003 / The King of Fighters 2003

(kof2003, kf2k3bl, kf2k3bla, kf2k3pl, kf2k3upl, kof2003h, kf2k3pcb)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

[DIP= 2-3 Another Mode]についてはcommand.dat参照。
[Boss Code]については、次項の説明を参照。


[Enable Boss Code]
最下段より下に、見えないボス枠が追加され、カーソルで選択出来るようになります

[DIP(DEBUG)= Boss Code]からラベル名変更。
ON/OFF時の処理にテンポラリを使わず、直接値を戻すように変更。

ちなみに、このチートはcommand.datに載っているアドレスを使ったチートなのですが、
このアドレスはDIPスイッチではありません。

このアドレスの値が0以外になる事でボスコードのフラグになり、ボスが選択出来ます。
DIP 1-3を有効にしてもここの値は立たず、DIPチートでは動作させる事が出来ません。



サムライスピリッツ / Samurai Shodown

(samsho, samshoh)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

[DIP= 1-4 Hit Check Display]はステージによって枠の表示がバグる事があるので、
コメントアウトにしています。


[Get/Lost Weapon Now!]
武器が有る時は武器を失い、武器が無い時は武器を取得します

全く動作していなかったので修正。
アドレスシフトが必要なチートで、その処理をしていませんでした。

[Get Weapon Now!]、[Lost Weapon Now!]を一つに統合しました。


[Select Weapon State]
武器の有無を固定します
 [Get]で常に武器を持った状態
 [Lost]で常に武器を失った状態

修正ついでに、有無を固定する形式も作りました。



真サムライスピリッツ / Samurai Shodown II

(samsho2, samsho2k)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
前回まで、[DIP= Invincibility]のみ存在していましたが、このスイッチは無敵ではなく、
[Infinite Energy PL1]と同様の動作で、PL1のみ動作し、PL2側に対応したスイッチが
無いという中途半端なものだったので、外しました。

これも含め、このタイトルのDIPスイッチは、MAMEでは使えない状態のものが殆どで、
使えるDIPスイッチは 1-5と2-4の「~ Controls Instead of ~」くらいしかなく、しかも
他の同名のチートと違い、対戦中に立てても次のラウンドまで効果が出ません。


[Easy Command]
ほぼ全てのイージーコマンドチートが動作していなかったので修正。

動作していなかったというか、作成途中のデータになっていました。
作成済みのデータも既に紛失しているので、再作成し、チート自体も最適化。

「ミヅキ」のイージーコマンドが無かったので追加。
チートの並び順を内部のキャラ番号順に、技の並び順をアドレス順に並べ替え。

余談ですが、command.datを見て数値を入力していたら、データ自体にミスというか
公開されているコマンドと、実際に内部でチェックしているコマンドが違うというのが
少なからずあるようで、気づいた部分には修正を入れましたが、もしボタンを押した
だけで発動してしまう状態のチートがあったら、値が間違っているので修正します。


[Get/Lost Weapon Now!]
武器が有る時は武器を失い、武器が無い時は武器を取得します

全く動作していなかったので修正。
こちらもアドレスシフトが必要なチートでした。

同様に[Get Weapon Now!]、[Lost Weapon Now!]を統合しました。
それと「ミヅキ」「黒子」の時は無視するように調整。


[Select Weapon State]
武器の有無を固定します
 [Get]で常に武器を持った状態
 [Lost]で常に武器を失った状態

こちらも同様に作りました。

「ミヅキ」「黒子」の時はLostを選んでいても無視するように調整。



サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣 / Samurai Shodown III

(samsho3, samsho3h)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

MAMEでは確認出来るスイッチが殆どありませんでした。
あと、2-5~2-8は連射ボタンが個別に設定出来るという謎仕様になっています。
(風雲黙示録でも同じ仕様のスイッチがあります。)


[Get/Lost Weapon Now!]
武器が有る時は武器を失い、武器が無い時は武器を取得します

こちらはWeapon Now!チートのほうが無かったので新たに作りました。


[Select Weapon State]
武器の有無を固定します
 [Get]で常に武器を持った状態
 [Lost]で常に武器を失った状態

「have」と「not have」に分かれていた古い形式のチートだったので統合。


[Infinite Auto Guard]
[Always have Auto Guard]からラベル名変更。動作自体に変更はありません。



サムライスピリッツ 天草降臨 / Samurai Shodown IV

(samsho4, samsho4k)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

[DIP= True End Mode]は[DIP= 4-4/4-5 Select Ending]の選択方式に変更しました。

他のDIPスイッチに関しては、下記のサイトも参照しています。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~hitokiri/debaltuku.htm


[Select Character Size]
キャラクターのサイズを変更します

[Select Player Size]からラベル名変更。
最小値を8に変更。(離れて縮小した時のサイズを考慮するため。)



サムライスピリッツ零 / Samurai Shodown V

(samsho5, samsho5b, samsho5h)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
前回まで、[DIP= Another Zero Code]のみ存在していましたが、これも含め、
全てのDIPスイッチが、一部のキャラでフリーズを起こすので、削除しました。
(ミナが矢を放ったりするとフリーズする)

チート自体はコメントアウトした状態で、全て入っています。


[Always have Rage Explosion]
常に怒り状態になります

フラグが立っていればゲージが溜まっている必要はないので、チートを簡略化

[Always use Mu no Kyouchi]
常に無の境地状態(相手が遅くなる)になります

command.datの表記に合わせて、[Infinite Stage of nothing]のラベル名を変更。

こちらもフラグだけで動作するので、同様に簡略化しようと思いましが、こちらのゲージは
一閃にも影響するので、ゲージも溜まった状態にしています。

上記以外の怒り爆発系、無の境地系チートは削除しました。
DIPスイッチのほうで対応可能になったら、この2つのチートも削除予定です。


[Always ready Kyourakuzan Lv.5 (Shizumaru)]
閑丸の「真・雨流れ狂落斬」が常に5段階まで溜まった状態になります

[Always ready Saien Lv.3 (Kazuki)]
火月の火の玉が常に3段階まで溜まった状態になります

[Always ready Yuhchouka (Yoshitora)]
慶寅で常に「遊蝶華」が使える状態(六の太刀まで当てた状態)になります

[Always ready TensatsuTaisai (Yunfei)]
雲飛で常に「天殺太歳」が使える状態になります

[Always ready Sungan no Mukae (Mina)]
ミナで常に「スンガンの迎え」が撃てるようになります

[Quick Kyushin Command (Mina)]
ミナの溜め技(地弓心、天弓心)を溜め無しのコマンドで出せるようになります

上記の技全て、使用中のキャラのフラグを追加と、ラベル名の変更をしています。



サムライスピリッツ零スペシャル / Samurai Shodown V Special

(samsh5sp, samsh5sph, samsh5spho)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)
前回まではプレイヤー毎の振り分け方にしていたのを、DIPスイッチ番号順に整理・統一。

DIP 1-1, 1-3, 1-5, 1-7 は前回まであったチートと同じものです。

通常チートの[Infinite Rage Explosion Time]は必要ないので削除しました。

DIP 1-2, 1-6, 2-5, 2-6は前回まであった[Infinite Stage of nothing]の代わりとして
使えるので、[Infinite Stage of nothing]は削除しました。

DIP 2-2~2-6は前回まであった[Select DIP= Blows off Weapon]を分割したものです。
(以前の[Spark ~]は2-2~2-4を、[Death ~]は2-2, 2-4~2-6を足したものでした。)

[Unlock 'Zetsumei Ougi']もDIP 2-4でカバー出来るので削除しました。
更に前回まで、PL1側のチートしかありませんでした。
(ちなみにPL2側のアドレスはmaincpu.mb@8D3D5=10)

DIP 2-1と、 3-1以降のスイッチは今回新たに追加したチートです。
3-4と3-5は速度変更で、同時使用は出来ないので、選択方式にしています。

作成の際に下記のサイトも参照しました。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~hitokiri/zerosp/zerosp_debaltuku.htm


[Always ready Plasma Factor (Galford)]
ガルフォードで常にプラズマファクターが出せる状態になります(PL1・PL2共通)

前回まで全く動作していませんでした。

[Galford - PF Flag ON]からラベル名変更。
OFF時にフラグをOFFにするように変更。

[Always ready 14renzan (Charlotte)]
シャルロットで常に14連斬が出せる状態になります(PL1・PL2共通)

こちらも前回まで全く動作していませんでした。

[Charlotte - 14renzan Flag ON]からラベル名変更。
OFF時にフラグをOFFにするように変更。

もしかしたら、この2つは可変アドレスの可能性があるかも。


[Always ready Kyourakuzan Lv.5 (Shizumaru)]
閑丸の「真・雨流れ狂落斬」が常に5段階まで溜まった状態になります

[Always ready Saien Lv.3 (Kazuki)]
火月の火の玉が常に3段階まで溜まった状態になります

[Always use Acceleration (Enja)]
炎邪が常に加速した状態(界王拳)になります

[Always ready Yuhchouka (Yoshitora)]
慶寅で常に「遊蝶華」が使える状態(六の太刀まで当てた状態)になります

[Always ready TensatsuTaisai (Yunfei)]
雲飛で常に「天殺太歳」が使える状態になります

[Always ready Sungan no Mukae (Mina)]
ミナで常に「スンガンの迎え」が撃てるようになります

[Quick Kyushin Command (Mina)]
ミナの溜め技(地弓心、天弓心)を溜め無しのコマンドで出せるようになります

零と同様に、使用中のキャラのフラグを追加と、ラベル名の変更。
あと、並び順を内部キャラNo.順に並び替え。



幕末浪漫第二幕 月華の剣士 / The Last Blade 2

(lastbld2)

[Easy Super Techniques (ROM Hack)]
いくつかのチートの動作がおかしかったので修正。

[Easy Command (ROM Hack)]からラベル名変更。
チートOff時に値を戻すように、Offの処理を追加。
旧チートで24bitだったチートも、マスク処理を使わないようにした。

無関係のキャラには影響がないので、使用中のキャラチェックは入れていません。
KOF'94のように纏めても良かったのですが、コマンド被りがあるのでやめました。


※[Debug DIP Switch Cheat]はチートを有効にしてもuni-BIOS上でしか動作しません。
 効果も未確認なので、コメントアウト状態にしています。



風雲黙示録 / Savage Reign

(savagere)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

あと、DIP1-1~1-8まで全てスイッチを立てると、キャラクター縮小モードになりますが、
[Select Character Size]チートがあれば不要なので、特に対応はさせていません。


[Select Character Size]
正しく動作をしていなかったので修正。

[Always Half size]から数値選択方式に変更。
最小値を-208に設定。(-209以上にすると、相手を通り抜けてしまうため。)



龍虎の拳 / Art of Fighting

(aof)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

1-1と1-2のDIPスイッチはCPUを操作出来るようになるチートで、どちらも同じなので、
1-2のほうはコメントアウトしています。

[DIP= 1-5 Hit Check Display (VS Mode Only)]は当たり判定表示機能なのですが、
他のタイトルと違い、枠の表示は一部のみで、表示させる部分をスタートボタンで
切替えします。それと、枠が表示出来るのは2P対戦モード時のみになります。

[DIP= 1-8 Press Start to CPU Defeat Decision]は対戦中にスタートボタンを押すと、
CPUに勝利した事になり、次のステージに進みます。

[DIP= 2-1/2-2 Select Slow Speed]は2-1を立てると速度が遅くなり、2-2を立てると
更に遅くなり、両方立てると最も遅くなる仕様なので、選択方式にしています。


[Mastered Super Techniques]
超必殺技を伝授された状態にします

[Always have Super Techniques]からラベル名変更。動作自体に変更はありません。



龍虎の拳2 / Art of Fighting 2

(aof2, aof2a)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

DIPスイッチは龍虎の拳と共通部分が多いです。
(DIP= 1-5, 1-8, 2-1/2-2については龍虎の拳の項を参照)

龍虎の拳と違い、1-1はプレイヤーの操作をCPUが行い、1-2はCPUを操作出来ます。
龍虎の拳がDIPの設定をミスをしている可能性が高いです。

[DIP= 1-6 DIsable K.O.]はプレイヤーもCPUも、体力がゼロの時点でK.O.にならず、
タイムオーバーまで対戦が続くようになります。

それと、どのDIPチートを立てても、共通で対戦前のデモ(会話シーン)が、ボタンを
押すまで繰り返されるようになり、更に、KOF'96と同様に、[NEXT GAME] ボタンで
ポーズがかかるようになります。


[Always Ready Super Techniques (ROM Hack)]
気力や体力に関係なく超必殺技(隠し含む)を出す事が可能になります

前回まではアドレス自体が間違っていて、動作しないだけでなく、ゲーム中にリセットが
かかる状況でした。

[Always Ready Special Move]と[Always Ready Secret Special Move]を統合しました。
ON/OFF時の処理にテンポラリを使わず、直接値を戻すように変更。


[Easy Command]
「ギース」のイージーコマンドが無かったので追加。
技名が同じコマンド(「Combination」、「Deadly Rave」)は一つのチートにまとめました。

frameを使った古い形式のチートだったので修正し、最適化。
プレイ中のキャラのチェックを追加。
キャラの並び順、コマンド技の並び順をオフィシャルサイトの表記順に並べ替え。
(アドレス順にすると、並び順が滅茶苦茶になるので)
ラベル名から「Easy 」の文字を省略。キャラ名をフルネームに変更。


[Mastered Super Techniques]
超必殺技を伝授された状態にします

龍虎の拳と同様に、ラベル名変更を変更しただけです。
前述のロムハックチートを使えば、こちらは意味の無くなるチートですが…。



龍虎の拳外伝 / Art of Fighting 3

(aof3, aof3k)

[ Debug DIP Switch Cheat ]
(基本的な説明はSVCの項を参照)

それと、どのDIPチートを立てても、共通でステージセレクトモードになります。


[Select Screen Mode]
 [Always Big]で常に画面が拡大された状態になります
 [Always Wide]で常に画面が縮小された状態になります

[Select Screen Size]からラベル名変更。数値選択をやめて、2択にしました。




あと、早急に修正しておく必要のあるチートを一つ。

グラディウス / Nemesis

(gradius, nemesis, nemesisuk)

[Skip Blank Gauge Mode]
書式で不足した部分があったので修正。

maincpuの表記が不足していてもMAME側で自動補完され、エラーを出す事なく
動作をしてくれるようです。



ダウンロードはhttp://www.geocities.jp/ued_way/からどうぞ。



で、動画はニコニコ。今回のテーマに丁度いい動画がありました。



ネオジオの没格ゲー「神竜戦記」。の、タイトルデモのみ。

追記:
プレイ動画もアップされたので、動画を追加しました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ねこ自慢

Wayder

Author:Wayder
 
ねこ自慢
http://wayder.web.fc2.com

ニコニコ動画マイリスト
nicovideo.jp/mylist/52529218


※FC2ブログの仕様で非公開コメントに
 対して非公開での返信ができません
 予めご了承下さい

Counter
Category
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New Article
Form